dTVの料金支払いについて

dTV(旧dビデオ)の料金や解約のタイミングについて理解する

dTVの課金されるタイミングを理解して効率的に使用する

dTVの料金は、日割り計算はされず、1日から月末までの間に1日でも使用したら、
500円(税抜)が課金されるシステムです。

 

つまり1月30日に無料期間が終了し、そのまま継続すると、
1月31日のたった1日の使用分で一月分が課金されてしまいます。

 

これはとてももったいないので、注意したほうがよいポイントです。

 

1月30日に無料期間が終了するような場合は、一旦解約し、
2月1日に新たに申し込みし直したほうがよいことになります。

 

 

では、2月1日に初回の視聴をしたとします。
この場合無料期間は31日間(キャンペーン中の場合)あるので、
2月の28日分と残り3日分を足した日、つまり3月3日までが無料期間です。

 

これならそのまま継続しても、ほとんど問題ありませんね。

 

つまり月初の申し込みは効率が良く、
月末に申し込む場合はカレンダーを見てよく考えたほうが良いということになります。

 

3月30日に申し込んでそのまま継続すると、4月分の料金も払うことになってしまいますが、
3月31日に申し込めば、4月はまるまる無料期間になるので、
課金されるのは5月分からになります。

 

 

中旬の3月20日に視聴を開始すると、4月19日までが無料期間なので、
継続すると3月分は無料で4月分として500円が課金されます。

 

以上をよく理解した上で、うまく無料期間を使いましょう。

解約時の注意

サービスを解約する場合も当然月末に解約したほうがお得ですね。

 

ただし、毎週火曜 午後10時30分〜(翌日)午前7時に、
システムメンテナンスがあり、このタイミングでは解約手続きができないので、
予め注意が必要です。

 

dTVの評判や口コミは?Hulu、U-NEXTと比較してどうなのか?