バグダッド・カフェで映画の良さを再確認!感想や内容について!

バグダッドカフェでタンクを掃除するジャスミン 映画

名作と言われながらまだ観ていなかった「バグダッド・カフェ」(ニュー・ディレクターズ・カット版)を観てみました。

最初にドイツ語で始まったので、英語じゃないの?と心配になりました。

というのも、洋画は英語のもの以外はあまり観ないからです。英語がちゃんと理解できるわけではありませんが、英語以外の外国語は呪文のようで吹替えで見たほうが良いと思ってしまうからです。

そういう理由で映画自体は良いと思う「ニュー・シネマ・パラダイス」なんかもイタリア語なので、1回観たきりになっています。

話は逸れましたが、すぐに英語の主題歌「I’m Calling You」が流れ、あ、この曲ってこの映画の曲だったの?と嬉しい驚き、そして歩いているジャスミンに「乗せようか?」とサルが英語で話しかけたので安心してストーリーに入っていけました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バグダッド・カフェのストーリーと感想

ストーリーは奇抜なものではなく、ドイツからやってきたジャスミン(ドイツ語発音ではヤスミン)が夫と別れ、不機嫌な女主人ブレンダが営む砂漠の「バグダット・カフェ」に辿りつき、そこでの人間模様が描かれています。

バグダット・カフェはモーテルやガソリンスタンドも併設していますが、寂れていて、何よりブレンダの発する荒んだ空気が、この店の雰囲気を象徴してしまっています。

不機嫌なブレンダ

ブレンダは怠惰な夫サルにイラつき追い出してしまいます。

そして新参者のジャスミンが車も無しに現れたことを怪しみ保安官に調べさせますがジャスミンに特に問題はありません。

そんなブレンダが留守中にジャスミンは勝手に店の大掃除をしてしまいます。

こりゃ怒られるぞと思って見ていると案の定ブレンダの逆鱗に触れてしまうのでした。

特徴的な主人公ジャスミンと個性的な登場人物達

主人公であるジャスミンが中年の太ったおばさんだということもこの映画の特徴です。

このカフェにはブレンダの息子で小さな赤ん坊がいるのにピアノを弾くことに夢中になっているサロモや、いつも遊び歩いている娘のフィリスも一緒に住んでいます。

何となくユーモラスな雰囲気を醸し出すジャスミンと子供達の交流はこの映画の見所の一つでもあります。

私が好きな場面は、ブレンダに文句を言われながら一人黙々とピアノの練習をするサロモにジャスミンが近づきピアノの演奏を聴くシーンです。

ジャスミンが来たことで練習を中断するサロモに「続けて」と演奏を促すと、彼はアップテンポでバッハの「プレリュード」を奏で、ジャスミンが椅子に座ったところで改めてテンポを落とし演奏を聴かせます。

目を瞑って演奏に聴き入るジャスミンに感情を込めて弾くサロモ、店に入ってきた常連客であり絵描きのルーディはその様子を息を飲んで見守ります。

他にも彫師のデビーや旅人でブーメランを投げているエリックなど個性的な人物がさりげなく作品に彩りを添えています。

ブレンダとカフェの雰囲気を変えるジャスミン

ジャスミンはブレンダの子ども達と打ち解けますが、それが余計にブレンダをイラつかせることになり、「自分の子供と遊びな」と怒りをぶつけます。

しかし、「子供はいないの」とポツリと言ったジャスミンに同情し「言い過ぎた」と謝ると、そこからジャスミンに心を許し、カフェを手伝ってもらうようになります。

カフェでマジックを披露するジャスミンにお客も集まるようになり、店の雰囲気は一変し明るくなるのでした。

別れと再会

ビザが切れ保安官に咎められたジャスミンはバグダッド・カフェを去ります。

ジャスミンのマジックを見にカフェを訪れた客もがっかりして帰ってしまい、火が消えたように寂しくなってしまいました。

しかし、ジャスミンはまたカフェに戻ってきます。

真っ白なドレスで現れたジャスミンとブレンダはしっかり抱き合い再会を喜びます。

バッグに流れる「I’m calling you」はまさにブレンダの気持ちなのでしょう。

カフェは明るさを取り戻し、ブレンダの夫サルも戻り、ルーディがジャスミンにプロポーズするところでエンディングとなります。

音楽と映像美

この映画の良さは温かい人間模様と印象的な主題歌、そして映像の美しさでしょう。

ジャケット写真にもなっている黄色い給水タンクは、青い空と砂漠という何も無い場所の象徴のようにポツっと立っており、それを掃除するジャスミンの映像はまさに何もない場所を変えるということを表しているように思えます。

また、作品に登場するルーディの描く絵も印象的です。

ジャスミンは自分が泊っている部屋に飾られた光の絵をルーディが描いたことを知りそこから好意を持つようになったように感じられます。

北野武監督作品の「花火」でも自身が描いた絵が作品の印象に大きな影響を与えていましたが、ルーディの絵はそれと同じような効果を感じます。

バグダッド・カフェを無料で観る

下記の動画配信サービスの無料お試しを使うことで、この映画を無料で観ることができます。

U-NEXT

動画配信サービスを比較!おすすめ無料お試しは?
家や外出先で手軽に映画やドラマを観ることができる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)をご紹介します。 各サービスには無料お試し期間が設けてあるので、まずは無料で体験することができます。 お試し期間内に解約すれば、料...
おすすめ映画を紹介!レンタルや動画配信サービスで観たい68選!
私が独断と偏見で選んだ動画配信サービスの見放題で観ることのできるオススメの映画をご紹介します。 ネタバレしないようコメントは短めにしてあります。 尚、私的趣味により洋画のほうが邦画より圧倒的に多くなっています。 以下、順不...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
アイデンをフォローする
アイデンブログ