海外ドラマ ブレイキング・バッドを観た感想 ネタバレなし&あり

ブレイキング・バッドのウォルターとジェシー ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブレイキング・バッド」ネタバレなしの感想

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」(Breaking Bad)を観終わりました。

このドラマは評価が非常に高く、海外ドラマの中で最も面白いという人も数多くいます。

私が観たメジャーな海外ドラマ「24」「プリズン・ブレイク」「ウォーキング・デッド」と比較すると、「ブレイキング・バッド」の場合、主人公がスーパーヒーローではないということが一つにあります。

そのため、比較しながら観てしまうと、主人公のウォルターは問題ばかり起こすのでヤキモキしてしまいます。

ジャック・バウアーやマイケル、リックのように頼りになる主人公ではありません。

しかし、この作品は上記した3作品と比べると毛色が違うので、比較して見てはいけないことが段々分かってきます。

また物語は最初から最終話に向かってしっかり繋がっているので、見始めたら最後まで見ないと意味がないと思います。この辺りは「ウォーキング・デッド」のようなドラマとは異なります。

ウォーキング・デッド人気キャラランキング!リック卒業でどうなる?
ウォーキングデッドの人気キャラランキングを調べてみました。主人公リック・グリムスを演じるアンドリュー・リンカーンがシーズン9をもって同番組を卒業することを自らの口から発表しましたが、今後どうなっていくのでしょうか…。ウォーキング・デッド人気

私は予備知識をなるべく入れないようにしてから見たので、最初のうちは、「プリズン・ブレイク」や「ウォーキング・デッド」には及ばないな、と思っていました。

しかし最後まで観ると、ちょっと比べられないな、という感想に変わりました。
それだけ終盤が面白いとも言えます。

ちなみに「24」はシーズン2で観るのを止めているので偉そうに語れませんが、「ブレイキング・バッド」は最後まで観ているので、シーズン2の時点で「24」よりも面白いという評価になります。

「ブレイキング・バッド」はNetflixの無料お試しキャンペーンを使うことで無料で観ることができます。
Netflixについて

「ブレイキング・バッド」のあらすじ

高校で化学を教えているウォルター・ホワイトは妻と脳性麻痺の息子との3人暮らしです。

真面目で家族思いのウォルターは家計のために教師の仕事と掛け持ちで洗車のアルバイトをしていましたが、ある日自分が末期の肺ガンに侵されていることを知ります。

そんな時、DEA(麻薬取締局)に務める義弟との関係からドラッグが大金を生むことを知ったウォルターは、自分の能力を生かしお金を稼げる手段として自らが麻薬であるメタンフェタミン(※メス)を製造することを思い立ちます。

元教え子でメスの売人をしているジェシー・ピンクマンを相棒に、メスの製造から販売に手を出したウォルターは持ち前の頭脳に加え運も味方し、裏の世界での別名「ハイゼンベルク」として、のし上がっていきます。

※メタンフェタミンは日本ではスピードやヒロポン、英語ではメスやクリスタル・メスと呼ばれる有機化合物で、麻薬・覚醒剤の一種です。

「ブレイキング・バッド」 主な登場人物

以下の年齢や設定はシーズン1開始当初のものです。

ウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)

このドラマの主人公であり高校で化学を教える先生です。

年齢は50歳、妻と高校生の息子が一人います。

優秀な化学者だったウォルターはかつて友人のエリオット・シュワルツと起業したものの、目先のお金の為に事業から撤退。

その後、会社は成長し今や大企業となり、シュワルツ夫妻は巨万の富と名声を得ています。

かたやウォルターは給料が安いので洗車のアルバイトをするという有様の上、末期の肺ガンであることが分かり、人生の岐路に立たされます。

真面目ですが頑固でプライドが高い側面があります。

ジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)

ウォルターのパートナーで、元は教え子の25歳。

素行が悪く、麻薬(メタンフェタミン:通称メス)の売買や製造に手を出し、親からも見放されます。

いわゆる不良ですが、根は優しく、子供思いの一面があります。

スカイラー・ホワイト(アンナ・ガン)

ウォルターの妻、しっかり者の39歳。

専業主婦ですが、元は経理の仕事をしていました。

ウォルター・ホワイト・ジュニア(RJ・ミッテ)

ウォルターの一人息子、16歳。「フリン」と呼ばれることもあります。

脳性麻痺で生まれた為、言語障害や歩行障害を抱えています。

父親を尊敬しています。

ハンク・シュナイダー(ディーン・ノリス)

ウォルターの義理の弟にあたります。
DEA(麻薬取締局)の局員であり、腕が立ちます。

マリー・シュレイダー(ベッツィ・ブラント)

スカイラーの妹、ハンクの妻です。

放射線技師として働いていますが、心が不安定な一面があり、万引きをしてしまう癖があります。

次はネタバレありの感想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
アイデンをフォローする
アイデンブログ