キートン(芸人)がR-1審査にキレた!獲る価値の無いタイトル?

R-1ぐらんぷり2019 お笑い・お笑い芸人

お笑い芸人のキートン(元・増谷キートン)さんがR-1ぐらんぷり2019の予選で落ち、審査に対する不満をツイッター上でぶちまけました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キートンが披露したネタとは?

一体どんなネタだったのか見てみたくなりますが、Yahooニュースでは、こう書かれています。

 関係者によると、キートンは3回戦にバドガールの格好で登場し「千の風になって」を歌いながら生ビールを飲むというエッジの効いたネタを披露した。舞台袖で見ていた芸人は「会場はメチャクチャ、ウケていた。お客さんは大喜び。舞台袖も大爆笑でしたよ。ただ、ネタとしてはふざけた感じもあってジャッジが難しいなとは思いました」と説明。舞台上で参加者の真面目なネタが続く中、ハリを振り切ったキートンの登場で一気に空気が変わり、盛り上がったという。落選理由としては、スポンサーの絡みもあり、テレビ向きではなかったという判断だった可能性がある。

表示できません - Yahoo!ニュース

「参加者の真面目なネタが続く中」っていうのがよく分かりません。
真面目なお笑いってどういうことでしょう。。

真面目な空気を切り裂くようなネタをやったなら余計に評価すべきでは?と、この文章を読むと思ってしまいますが、スポンサーの問題やテレビ向きではないという判断ならやむを得ないかもしれません。

R-1の準々決勝進出者は数が多く、以下に発表されています。

Yahoo!ブログ - ブログ移行ツール
Yahoo!ブログからの移行ツールです。

気になるしゅんしゅんクリニックP

そしてキートンさんが落ちたという追加合格者が、以下に発表されていますが、「さんまのお笑い向上委員会」のモニター横芸人として出ているしゅんしゅんクリニックPは個人的にちょっと気になります。

Yahoo!ブログ - ブログ移行ツール
Yahoo!ブログからの移行ツールです。

「ヘイヘイドクター」の癖になる歌と踊りが、ブレイクの気配を漂わせていますが、どうなるか。

しゅんしゅんクリニックPさんは本業が医者でお笑いは副業だそうですが、凄いですね。

キートンってどんな芸人?

話が逸れましたが、キートンと言われてもピンとくる人は少ないかもしれませんが、増谷キートンという名前でちょこちょこテレビには出ていました。

椿鬼奴さんなどと一緒にキュートンというユニットをやっていたり、ピンでRIKACOさんのモノマネなどをしていましたが、私が覚えてるのは全身タイツに身を包んだタイツ芸です。

地味に面白かったのですが、この芸の致命的欠陥として誰がやっているのか分からないということがありました。

この芸が象徴するように、キャラが立ってこないというかイマイチ目立たない人だと思います。

今の時代確かにネタ勝負なら賞レースでタイトルでも取らないとなかなか売れることが難しいかもしれません。

それなのに会場で受けた自信のネタが審査員の独断だけで落とされたらそりゃ頭に来ますね。

でも、ツイッターで発信したおかげで話題になったので、少しは認知度が上がったかもしれません。

これを書いてて、なんか前にも似たようなことがあったなと思ったら(似てはいないか…?)、笑い飯・哲夫さんが坂上忍さんに噛みついた事件でした。

あれは結局対決が白熱せず尻すぼみになりましたが、キートンさんにはR-1の地位向上のためにももっと盛り上げて欲しいものです。

ちなみにM-1審査員を務めた立川志らくさんはこう言っています。

 これを受け、志らくは31日に「キートン、悔しいだろうが売れて見返すしかない。M1のミキや和牛も志らくの奴、絶対売れて見返してやると思っているはず。ダウンタウンだってやすしさんにそんなの漫才じゃないと言われたんだから」とツイッターでゲキを飛ばした。

 さらに「審査員が好き嫌いで決めていいかどうか。良いと思う」と持論を展開。「審査員が客観的に笑いの量を見て判断したら審査員の存在価値はない。笑いなんて所詮好きか嫌いかでしかない」とつづった。

表示できません - Yahoo!ニュース

まあ志らくさんに落とされたら納得いくと思いますが、3回戦で会場では受けていたのにということになると審査基準が知りたくなる気持ちは分かります。

お笑いの審査は難しい

私はR-1はテレビで放送される決勝戦しか見たことはありませんが、どうもR-1は優勝者の選出がヘタクソだと思っています。

2009年絶対優勝だと思ったバカリズムが優勝できず、なぜかそこまで受けていなかった中山功太が優勝しましたが、今これだけ売れているバカリズムがタイトルを獲っていればR-1優勝者=凄いという箔がついたはずです。

それなのに、優勝者はほとんどテレビで見ることはありません。
こういうパターンが何度かあったように思います。

あの当時は審査員に芸人ではない人もいたので、改善はされてきていると思いますが、それでもR-1全体に面白さの哲学が浸透していないというか会場の盛り上がりを無視する審査傾向があるように思えます。

これではピン芸は面白くないとか、R-1は獲る価値が無いということになりかねないので、何とかして欲しいものです。

R-1では視聴者票も入りますが、これはデータとしては面白いんですよね。誰が人気があるかよく分かるので。

でも、これで決めたら面白さより知名度がある人が勝ってしまうので、やっぱり審査員はいたほうがいいと思います。

文枝師匠の横に審査員として明石家さんまさんがいたら凄く面白いんですが、お笑いは審査されるようなものじゃないと言ってますし、お笑いの賞レースと審査の問題に正解はないのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い・お笑い芸人
アイデンをフォローする
アイデンブログ