海外ドラマ「LOST」を観た感想 好きなキャラ 嫌いなキャラ!

海外ドラマ「LOST」 ドラマ

海外ドラマ「LOST」を全話観終わりました。

大分前にシーズン2まで観て、一旦中断していたのですが、やっぱり最後まで観て良かったです。

とにかく壮大なストーリーかつ構成が複雑なので、一回観ただけでは正直分からない部分が沢山あります。

他の人の解説や感想などもサーっと見て回りましたが、色々な意見があり、感じ方もほんとに人それぞれ違うようです。

私はこのドラマの解説を書く気にはなれないので、感想だけにしようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

嫌いなキャラ

私が見ていてどうも好きになれない、イラっとしたキャラについてです。

ジョン・ロックの父親のように誰がみても極悪というようなキャラは除外します。

マイケル・ドーソン

まず、最初のほうでは、マイケルです。

子供のウォルトに対して高圧的、その後も他の人にすぐ怒るし、ヒューゴのガールフレンドだったリビーも殺してしまいました。

自分勝手なキャラでしたが、仲間を救う為に船で頑張ったあたりからやっと応援できました。

アナ・ルシア

私は、話もろくにせずにいきなり殴ったりするような人は嫌いです。

元警察官ならなおさら暴力に頼らないで欲しいと思います。それほど重要人物ではないですが、イラっときたのでよく覚えてます。

他にもチャーリーが死ぬ前に、椅子に縛り付けて殴った女も嫌いでしたねー。ベンに裏切られて死んでしまいましたが…。

男でも嫌ですが、女がこういうキャラだとなおさら嫌に感じるようです。

エロイーズ・ホーキング

ダニエル・ファラデーのお母さんです。

息子に対して支配的な所もそうですが、顔つきとか化粧の具合とかなんか見てて嫌でした。

好きなキャラ

好感が持てる、応援したくなるキャラです。

ジェームズ・フォード “ソーヤー”

登場時はやっかいな奴だと思いましたが、段々好きになり、いつの間にか一番応援するようになっていました。

ジュリエットが井戸に落ちる別れのシーンは感動的でした。

ウォーキングデッドでいうとダリルのような存在なのかもしれません。

ウォーキング・デッド人気キャラランキング!リック卒業でどうなる?
ウォーキングデッドの人気キャラランキングを調べてみました。主人公リック・グリムスを演じるアンドリュー・リンカーンがシーズン9をもって同番組を卒業することを自らの口から発表しましたが、今後どうなっていくのでしょうか…。ウォーキング・デッド人気

道厳

シーズン6に登場する日本人、演じるのは真田広之さんです。

日本語が聞けるのが嬉しいです。ちなみに私は映画でも見るのは必ず字幕版です。

ウォーキング・デッドやこのLOSTも韓国人の主要キャラクターはいるのに日本人がいないのを寂しく感じていたので真田さんの登場は嬉しかったですね。

サイードとの戦いはアクションスターらしくとてもかっこよかったです。

ビンセント

ウォルトが飼っていた犬(ラブラドール・レトリバー)です。

一番最初にジャックが目覚めたときに登場し、最後にジャックが死んでしまう(?)ときにも現れ、一緒に寄り添いました。

アクセントとして見てるだけで楽しくなるキャラです。

主要キャラクターについて

キャラごとの感想です。

ジャック・シェパード

主人公の外科医です。

みんなをまとめようとするリーダーです。
なぜかジョンとはウマが合わず覇権争いのようになってしまいます。

段々髪が伸びてることに気付かず、あるときあれ?ジャックって坊主じゃなかったっけ?と思いました。。

島に救いを求めた感じですが、外科医なら普通に人生やり直せるのでは?とも思いました。

キャサリン・アン・オースティン “ケイト”

最初にジャックの手当の手伝いをしたのでヒロインなんだろうなと思いましたが、人間ってイメージや性格が大切なんだな、と、この人を見て思いました。

というのも、最初は美人キャラだなと思ったのですが、凶悪犯だったと分かった途端、恐ろしい女というイメージに変わりまるで美人には見えなくなりました。

その後、性格は良いことがわかると私の中でまた好感度を取り戻しました。

ソーヤと付き合って欲しいと思ったのですが、ジャックがいいのか、ソーヤがいいのか全然分からず、はっきりして欲しかったです。

ジョン・ロック

ジャックが正統派の主人公だったのに対して、ちょっと異質なもう一人の重要キャラという感じでした。

ジャックも嫌いではないですが、ジャックとジョンの争いでは何となくジョンを応援したくなってしまいます。

ただ、彼を理解するのは難しいと思いました。

ヒューゴ・レイエス “ハーリー”

宝クジが当たったり、統合失調症で死者と話ができるなど、その風貌からしても濃いキャラです。

結局あの数字は何だったんでしょうか?

性格が良いのでみんなの中和剤的なキャラでもありました。

結局ジェイコブの跡を継いだのは彼だったので、最初の登場時には思いもしなかった重要キャラでした。

ジンとサン(ジンスー・クォン&サンファ・クォン)

二人、「にこいち」という感じだったので一緒にします。

登場時はこんなにも英語が分からないはずはないだろ、とツッコミたくなりました。

韓国人なら日本人より英語ができるし、義務教育で単語くらいは分かるだろうと。

ジンが段々英語を喋れるようになりますが、だからと言って最後のほうのジンとサンの会話が英語だったのは不自然でした。

でも英語の分からないジンはちょっと面白い存在でした。

サイード・ジャラー

頼りになるイラク人。

しかし一旦死んで邪悪な存在になってしまいます。

最後はナディアではなくシャノンがパートナーだったのが意外な感じもしました。

クレア・リトルトン

途中からジャックの妹だったことが判明します。

居なくなってしまった後、ダニエル・ルソーのような風貌になってしまい性格も怖くなった感じです。

この人が登場すると、私の頭の中ではギルバート・オサリバンの「クレア」という曲が流れます。

LOSTを確認する

LOSTのストーリーについて

最初は無人島に取り残された人達の人間ドラマやサバイバルを描いたものだろうと思って見始めました。

しかし、怪物が登場したり、地下施設が見つかったり、どういう展開になって行くのか全く分かりませんでした。

シーズン2で一旦見るのを止めたのは、無人島での話は面白かったのですが、登場人物の過去のドラマ(フラッシュバック)が一々挿入され、それがあまり面白く感じられなかったからです。

しかし、シーズン3の中盤くらいからグっと面白くなった感じがします。

そして過去のドラマではなく島を出た後のストーリーが平行して挿入されるようになり(フラッシュフォワード)、時系列や内容は良く分からなくなりました。

全体の流れはよく分からないのすが、展開は面白いので見入ってしまうという感じです。

最後は、「フラッシュ・サイドウェイズ」という死後の世界の話が平行して進んで行きますが、これは観終わってから分かったことです。

見てるときは、2つの人生があるってどういうこと?パラレルワールド?と疑問だらけです。

フラッシュバック、フラッシュフォワード、フラッシュ・サイドウェイズという別の時間や次元のドラマが挟まることが、非常にこのドラマの内容を把握するのを難しくしています。

まとめ

シーズン1~3は20話以上あり、とても長いドラマでしたが、楽しめました。

謎解きが好きな人にはさらに面白いかもしれません。

いまだに細部は分からないことが沢山あるし、小さなツッコミどころもあります。

たとえばジェイコブには名前をつけて、何で弟には名前をつけなかったのか、あの母親は弟を呼ぶ時どうしていたんだ、なんていう疑問もあります。

謎は解けなくても十分楽しめるので、最後まで観てない人は見てみることをおすすめします。

このドラマはHuluで視聴できます。

無料お試しを確認する

動画配信サービスを比較!おすすめ無料お試しは?
家や外出先で手軽に映画やドラマを観ることができる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)をご紹介します。 各サービスには無料お試し期間が設けてあるので、まずは無料で体験することができます。 お試し期間内に解約すれば、料...
おすすめ映画を紹介!レンタルや動画配信サービスで観たい68選!
私が独断と偏見で選んだ動画配信サービスの見放題で観ることのできるオススメの映画をご紹介します。 ネタバレしないようコメントは短めにしてあります。 尚、私的趣味により洋画のほうが邦画より圧倒的に多くなっています。 以下、順不...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
アイデンをフォローする
アイデンブログ