M-1グランプリ2018優勝は霜降り明星!結果と自分の審査!

M-1グランプリ2018 お笑い・お笑い芸人

今年のM-1グランプリは霜降り明星が史上最年少での優勝を果たしました。

霜降り明星の優勝は無いという私の予想は見事に外れましたが、今年のM-1は去年よりも全体的に面白くレベルが高かったと思います。

見ながら自分でも審査してみたので、各コンビの点数や感想などを書いてみます。

尚、出場者の敬称は省略します。

スポンサーリンク

M-1 2018の敗者復活はミキ

敗者復活戦も一応サラっと見てみました。

サラっとというのは録画しておいてつまらないと思ったら飛ばしながら見たのでちゃんとは見てないということです。

敗者復活は視聴者投票により決勝進出が決定します。

私はプラスマイナスとニッポンの社長が面白いと思ったのですが、ニッポンの社長にいたっては15位と自分の感覚と視聴者(投票する年齢層はかなり若いと思われる)の感覚の違いがはっきり出てしまいました。

ミキはネタの面白さもさることながら人気が反映されたのも大きかったと思います。

敗者復活戦の順位

1.ミキ
2.プラスマイナス
3.インディアンス
4.アキナ
5.たくろう
6.三四郎
7.さらば青春の光
8.金属バット
9.マヂカルラブリー
10.東京ホテイソン
11.からし蓮根
12.侍スライス
13.ダンビラムーチョ
14.ウエストランド
15.ニッポンの社長
16.マユリカ

M-1 2018 決勝戦の結果と審査・感想

では、決勝戦の各コンビの審査と感想です。

自分でも審査員が点数を出す前に点数をつけてみました。

1.見取り図

このコンビは初めて見ました。

トップバッターという不利な状況でしたが、その割には出来は良かったと思います。

ただそこまで面白いというわけでもありませんでした。

結果は9位。

自分の審査 85点

合計 606 上沼 88 松本 83 富澤 86 志らく 85 塙 85 礼二 91 巨人 88

2.スーパー・マラドーナ

コンビ共に40代というのは過去においても最年長の決勝進出者だそうです。

ボケの田中の軽い感じと、ツッコミの武智の真面目で厳しい感じが対照的です。

松本さんの、笑いよりもサイコな感じが勝ってしまったという審査員評が的確だったかもしれません。

結果は7位。

自分の審査 88点

合計 617 上沼 89 松本 85 富澤 89 志らく 88 塙 89 礼二 90 巨人 87

3.まかいたち

2017年のキングオブコントチャンピオンです。

今回はそれらも含めて私が見た彼らのネタの中で一番面白かったです。

自分の審査より審査員の評価が低かったので、あれ?と思ってしまいました。

志らく師匠は面白さより上手さが勝ってしまったとの評です。キングオブコントのときは私もまさにそう思いました。ニャンコスターに完全に食われてましたし。

でも今回は笑ったんですけどねぇ…。

結果は5位。

自分の審査 95点

合計 636 上沼 94 松本 90 富澤 91 志らく 88  塙 92 礼二 92 巨人 89

4.ジャルジャル

本来ジャルジャルは漫才師ではないと思いますが、近年漫才でも活躍が目立ちます。

今回のネタも正統派漫才とはほど遠いものでしたが、腹を抱えて笑いました。今までの彼らの漫才でも一番良かったです。

リズムがあるので、一旦巻き込まれると凄い爆発力のある笑いになります。

志らく師匠は99点と絶賛。
上沼さんはお気に召さなかったようで88点。
まあ、漫才師からすれば認めたくないネタであることも分かります。

「マシーンを見てるようで、人間性が出るともっと良かった」という冨澤審査員の評もなるほどと思いました。

結果は3位。

自分の審査 96点

合計 648 上沼 88 松本 92 富澤 90 志らく 99 塙 93 礼二 93 巨人 93

5.ギャロップ

まあ面白かったとは思いますが、審査員の言うように爆発はありませんでした。

志らくさんの「ハゲ方が面白くない」という意見は面白かったです。自分の尺度がはっきりあっていい審査なので、今後も是非審査員をやって欲しいと思いました。

また、上沼さんの「基本的に自虐はあまり受けない」というのも納得できます。このネタでは林の自虐は面白かったですが、自虐ネタは私も基本的にはあまり好きではありません。

結果は8位。

自分の審査 89点

合計 614 上沼 89 松本 86 富澤 87 志らく 86 塙 89 礼二 90 巨人 87

6.ユニバース

M-1で勝ったら引退してもいいというツッコミ川瀬とインパクトある女芸人はらのコンビ。

ツカミに失敗したという通り、見ているこちらも緊張してしまうような入りとなってしまいました。

その後持ち直したものの、爆発とはいかず唯一600点に届かず、最下位という結果です。

結果は10位。

自分の審査 89点

合計 594 上沼 84 松本 80 富澤 86 志らく 87 塙 82 礼二 91 巨人 84

7.ミキ

敗者復活から勝ち上がったミキですが、去年は最終決戦まで残っている実力の持ち主です。

今回も安定した出来だったと思いますが、もう一つ何かが足りなかった気がします。

上沼さんのえこひいきのような98点が入り4位となりましたが、本来はもう少し順位が低かったように感じます。

ただ上沼さんの、同じ自虐でもギャロップの林君は暗いけどお兄ちゃんは突き抜けてる、という評は正しいと思います。

結果は4位。

自分の審査 91点

合計 638 上沼 98 松本 88 富澤 90 志らく 89 塙 90 礼二 93 巨人 90

8.トム・ブラウン

初見でしたが、この長髪を見ると誰かを思い出します。敗者復活の金属バットを見ても思ったのですが、誰かと思ったらPOIZON GIRL BANDの阿部でした。

そういえば最近全然見ないけど、どうしているんでしょうか…。(この名前も忘れていて「長髪 芸人 シュール」とか検索してやっと思い出しました)

まあそれはいいとして、このトム・ブラウン、私としてはあまり面白いと思えませんでした。

ただどんどん笑いが大きくなったので、あれ?これって面白いのか?と思っているうちに終わってしまいました。

審査員の評価も高く、志らく師匠に至っては97点です。二本目は加藤一二三さんが土の中から出てくると言ったので私もそれは見てみたいと思いました。

志らくさんは談志師匠の弟子だけあって、型にはまっていないものが好きなようです。

結果は6位。

自分の審査 84点

合計 633 上沼 86 松本 91 富澤 89 志らく 97 塙 93 礼二 90 巨人 87

9.霜降り明星

このコンビは漫才を見るのは初めてかもしれません。

最初深夜番組で関西の才能ある若手として粗品が出ていたので知り、次に「すべらない話」でせいやがMVSを獲ったのを見てピン芸人的に彼らを知りました。

さらにR-1で二人とも決勝に進出(せいやは敗者復活から)し、コンビでこんなに才能があるんだなと思ったものの、R-1のネタは二人とも特に面白くはなかったので、漫才でも優勝候補にはならないだろと勝手に思っていました。

そんな二人のネタは想像を超えた面白さでびっくりしましたが、私としてはかまいたちのネタが好きだったので彼らの次という審査です。

ハイテンションのせいやと冷静な粗品、ルックス的にも凸凹コンビで最高に良い組み合わせだと思います。

コメントに対してのせいやのボケと粗品のツッコミも凄くて、これからはコンビとして注目していきたいと思いました。

結果は1位。

自分の審査 94点

合計 662 上沼 97 松本 94 富澤 91 志らく 93 塙 98 礼二 96 巨人 93

10.和牛

優勝候補の和牛は今年も期待を裏切らない面白さでした。

ゾンビというウォーキングデッド的なネタで、ジャルジャルやトム・ブラウンのような漫才師らしくないコンビが高得点を獲得するのに対し、正統派の漫才で真っ向から勝負という感じが格好良かったです。

志らく師匠の「品がある」というコメントが彼らの芸風を見事に言い表していると思います。

結果は2位。

自分の審査 95点

合計 656 上沼 98 松本 93 富澤 92 志らく 93 塙 94 礼二 94 巨人 92

最終決戦 驚きの結果に!

最終決戦進出者は、霜降り明星、和牛、ジャルジャルの3組です。

トップバッターのジャルジャルはガソリンスタンドのネタでしたが明らかに1本目よりクオリティは下がってしまいました。

そして2番手の和牛はまたも安定した漫才を披露。
オレオレ詐欺というネタの題材としてはありふれていますが、凄く面白かったです。
2本の漫才共に昨年より面白く、今年こそはこれで優勝かなと思いました。

3番手の霜降り明星は、クオリティを維持し面白いボケもありましたが、1本目ほどの爆発は無かったのではないかと個人的には感じました。

ということで、私の審査では文句なしに和牛だろうと思いました。審査員全員和牛で7票入ると思い込んで見ていたら、いきなり巨人師匠が霜降り明星を出したので、「えーっ!?」となり、そこから何と4連続で霜降り明星。

その後3票和牛に入ったものの時すでに遅し、すでに優勝は決まっています。

はー、そうかあ、とは思いましたが、ニュースター誕生という感じでこれから霜降り明星に注目したいと思います。

最後のせいやの「こっからエピソードトークある?」というボケも凄く良くて才能を感じさせます。

松本さんの、チームプレーみたいにみんなが盛り上げてくれた、という言葉からも全体的に面白かった大会だったと思いました。

Amazon.co.jp: M-1グランプリを観る | Prime Video
賞金1, 000万円をかけ、結成10年以内を出場条件にプロ・アマ・事務所を問わずに日本一の若手漫才師を決めるという「M-1グランプリ」。全国各地で予選が行われ、決勝戦に関してはテレビで全国生放送という、過去に類を見ないお笑いのビッグイベント!!(C)朝日放送/ 吉本興業
【M-1】上沼恵美子が審査員を卒業!審査員について考える!
上沼恵美子さんが自身のラジオでM-1の審査員を引退すると話したそうです。 上沼さんの審査には賛否両論ありますが、それだけ発言にインパクトがあるともいえます。 今回のM-1で「ミキのファンだな」と発言し高得点をつけるなど、公平な審...
サンドウィッチマンの人気の秘密は?歴代M-1王者と徹底比較!
2018年好きな芸人ランキングを見てみると以下のような結果が出ています。 2018年の「日経エンタテイメント!」のランキングです。 1位 サンドウィッチマン 2位 明石家さんま 3位 ビートたけし 4位 タモリ 5位 博多華...
おすすめ映画を紹介!レンタルや動画配信サービスで観たい68選!
私が独断と偏見で選んだ動画配信サービスの見放題で観ることのできるオススメの映画をご紹介します。 ネタバレしないようコメントは短めにしてあります。 尚、私的趣味により洋画のほうが邦画より圧倒的に多くなっています。 以下、順不...
動画配信サービスを比較!おすすめ無料お試しは?
家や外出先で手軽に映画やドラマを観ることができる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)をご紹介します。 各サービスには無料お試し期間が設けてあるので、まずは無料で体験することができます。 お試し期間内に解約すれば、料...