高評価の映画から厳選!おすすめサイコホラー サイコスリラー12選

暗闇に浮かぶ不気味な女性の顔 映画

Yahoo!映画で★3.5以上の高評価となっているサイコホラー、サイコサスペンス、サイコスリラー、サイコミステリー、サイコパス映画と呼ばれるジャンル(洋画)の中から実際に私が観て面白かったもの、惹きつけられたものをご紹介します。

サイコホラーと普通のホラーの違いについて考えてみると、サイコ(psycho)には精神病者という意味があることから、サイコホラーは精神異常者や明らかに普通の心理状態でない人(例えばメンヘラと呼ばれる人など)が巻き起こすホラーということになります。

サイコスリラー、サイコサスペンス、サイコミステリーというジャンルも同様です。

これから観賞する人のために、解説はなるべくネタバレしないよう簡単なものにしておきます。

「タクシードライバー」 Taxi Driver

1976年。114分。

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ、ジョディ・フォスター、 シビル・シェパード

ロバート・デ・ニーロ演じるトラヴィスは海兵隊上がりで将来の展望がありません。
タクシードライバーとなりますが、街を流しているうちに世の中に怒りを感じるようになります。

やっとデートにこぎつけた彼女ととんでもない映画を観に行ったり、ジョディ・フォスター演じる12歳の娼婦になぜか深く思い入れたり、次第に狂気を帯びていくトラヴィスですが…。

 

若い時に初めて観たときは、何だこの映画は、と思ったものですが、時間を経て観てみるとやはり名作だと感じます。全編に流れるムーディーなジャズが心地よいです。

「危険な情事」 Fatal Attraction

1987年。119分。監督:エイドリアン・ライン
出演:マイケル・ダグラス、 グレン・クロース、 アン・アーチャ

幸せな家庭を持つマイケル・ダグラス演じる弁護士ダンが遊びのつもりで一夜を共にした相手はサイコパスだったというお話。

男性にとっては女性という存在にある意味ホラー以上の怖さを感じてしまう映画かもしれません。

中盤から終盤にかけての緊迫感が凄いです。

「ミザリー」 Misery

1990年。107分。

監督:ロブ・ライナー
出演:ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ

作家のポール・シェルダンは人気小説「ミザリー」の作者です。
ある時ポールは雪山で事故を起こし、ポールの大ファンだという女性アニーに助けられます。

アニーは献身的にポールを介抱するのですが…。

原作はスティーブン・キングの小説です。
シンプルな緊張感が持続したままラストの盛り上がりへと展開していきます。

原作者が同じであるホラー映画の「シャイニング」は全くシンプルではなく、映画は原作と大幅に違うとのことでスティーブン・キングは監督のキューブリックに激怒したそうです。
この辺りの対比も面白いのではないでしょうか。私はどちらの映画も好きですが。

どちらも雪山を舞台にしていますが、演出方法は全然違います。キューブリックのほうが映画的であり、こちらは小説的という感じです。

「羊たちの沈黙」 The Silence of the Lambs

1991年。118分。

監督:ジョナサン・デミ
出演:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス

元精神科医で囚人となっているレクター博士(アンソニー・ホプキンス)とFBI実習生のクラリス(ジョディ・フォスター)との奇妙な関係を描いた傑作サイコサスペンスです。

あの村上春樹さんもエッセイの中で称賛していました。
ハンニバル・レクター博士を演じたアンソニー・ホプキンスはこの映画でブレイクしたといってよいでしょう。

何度も観てしまう作品です。
続編に「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」があります。
「レッド・ドラゴン」まで私も観ましたが、観て損はないと思います。

「セブン」 Seven

1995年。127分。

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、 モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー

退職間近のモーガンフリーマン演じるベテラン刑事サマセットとブラッド・ピット演じる新任刑事ミルズのコンビが、キリスト教の「7つの大罪」を絡めた謎の連続殺人事件の捜査へと乗り出します。

特にブラッド・ピットの好演が光ります。
観賞後、ミルズの行動について色々と考えさせられる作品です。

ラストの展開が取り沙汰されることが多い映画ですが、そこへ至るまでの過程もとても良くできています。

「真実の行方」 Primal Fear

1996年。130分。

監督:グレゴリー・ホブリット
出演:リチャード・ギア、 ローラ・リニー、エドワード・ノートン

容疑者のアーロンを演じるエドワード・ノートンの演技が凄いです。
彼が演じるキャラクターに惹きつけられて見てしまいます。

キーワードは「多重人格(解離性同一性障害)」や「サイコパス」ですが、リーガル・サスペンス(法廷もの)でもあります。

130分が全く長く感じられない作品です。

「アイデンティティー」 Identity

1996年。90分。

監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ジョン・キューザック、 レイ・リオッタ、レベッカ・デモーネイ

嵐の中、様々な偶然で田舎のモーテルに集まった人々が謎の殺人事件に巻き込まれます。
途中から、え?どういうこと?という展開になりますが、「サイコ」というジャンルにふさわしい映画といえるでしょう。

90分なのであっという間に終わってしまいます。

 

「バタフライ・エフェクト」 The Butterfly Effect

2004年。113分。

監督:エリック・ブレスJ、マッキー・グルーバー
出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート

SFサイコスリラー。

主人公エヴァンは日記を読むとその過去に戻れるという特殊能力を持っています。
幼馴染のケイリーは複雑な家庭環境で色々と問題が生じていました。
幼馴染と自分の人生を変えることに挑むエヴァンですが…。

構成はやや複雑ですが、怖いというより切ないストーリーです。
見終った後はとても感傷的な気持ちになりましたが、非常に興味深い作品です。

「ソウ」 Saw

2004年。103分。

監督:ジェームズ・ワン
出演:ケイリー・エルウィス、リー・ワネル

密室で目覚めた二人の男が、次第に連続殺人犯ジグソーが仕組んだとんでもないゲームに参加させられていることに気付きます。

心に残るというタイプの作品ではありませんが、観ていてだれることが全くなく、緊張感が続くのであっという間に時間が経ってしまいます。

続編は「ソウ2」から「ソウ6」さらにファイナル、レガシーと続いています。

「エスター」 Orphan

2009年。123分。

監督:ジャウム・コレット=セラ
出演:ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、 イザベル・ファーマン

原題「Orphan」は孤児という意味です。

流産を経験した二児の母親ケイトは、生まれてくることができなかった子供への愛情を、養子として迎えた孤児の少女エスターに注ぐことで、自身の心も満たそうと考えます。

ところがエスターにはとんでもない秘密がありました。

とにかくこの作品は怖いです。
その怖さはエスターを演じる子役の演技力が高いことも大きな理由でしょう。
また、耳の聴こえない妹が色々辛い想いをしてしまうのが健気です。

「ブラック・スワン」 Black Swan

2010年 108分

監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス

精神状態が不安定なバレリーナのニナが自分の正常な心理と引き換えに主役の座を射止めるというストーリーです。

終盤の舞台の展開は圧巻で観る者を引き込みます。

どこまでが現実でどこが妄想なのか分からなく場面もありますが、不安定なニナの主観で描いている作品なので、その辺りもサスペンスとして楽しめると思います。

映画ブラック・スワンを観た感想 母親は支配欲の強い毒親!?
「ブラック・スワン」という2010年公開の映画を観てみました。 この映画の主演はナタリー・ポートマンで主人公のバレリーナであるニナを演じています。 ナタリー・ポートマンといえばリュック・ベンソン監督の映画「レオン」のマチルダ役で...
映画『ブラック・スワン』予告編

「ゴーン・ガール」 Gone Girl

2014年 148分

監督:デイビッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック, ロザムンド・パイク, ニール・パトリック・ハリス

「セブン」のデヴィッド・フィンチャー監督作品です。

倦怠期を迎えたある夫婦に起こった事件の謎を描きます。
先の展開が読めず、サイコミステリーとして十分楽しめると思います。

長尺ですが、先が気になって時間の経つのを忘れてしまいます。

U-NEXT

動画配信サービスを比較!おすすめ無料お試しは?
家や外出先で手軽に映画やドラマを観ることができる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)をご紹介します。 各サービスには無料お試し期間が設けてあるので、まずは無料で体験することができます。 お試し期間内に解約すれば、料...
おすすめ映画を紹介!レンタルや動画配信サービスで観たい68選!
私が独断と偏見で選んだ動画配信サービスの見放題で観ることのできるオススメの映画をご紹介します。 ネタバレしないようコメントは短めにしてあります。 尚、私的趣味により洋画のほうが邦画より圧倒的に多くなっています。 以下、順不...